個展開催までの カウントダウン 40日間 カウントダウン9日~1日め

個展開催までの カウントダウン 40日間

絵は観るだけが好きだった私が、個展を開催するまでの奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン1日め

カウントダウン1日め

 ~ 青い蝶 ~

 5年前の個展会場にて

 同僚の先生からお聞きした

 不思議なお話・・・


 6年前、全校生徒を集めた中学校の校庭で

 中村の死が

 校長先生から伝えられた


 同僚の先生が何気なく目をやった校庭の木に

 まるで生徒と一緒にお話しを聞くかのように

 大きな青い蝶がとまっていたそうだ



 朝礼の終了とともに翔んでいった青い蝶
 

 その時は何も感じなかったのだけれど

 
 翌日

 その先生は同じ色の蝶を

 中村の告別式でもみたそうだ

 
 季節は9月

 その時期にしては珍しく

 同じ色の大きな蝶が

 中村の乗った車が出て行くのを見守るように現れたことに


 「中村先生が姿を変えて来られたのかしら?」

 と思ったそうだ。


 
 そのお話しだけは私に伝えたかったが

 なかなか機会がなく

 1年後やっと

 教えてくださった・・・



 多分これが黄色い蝶や

 違う生き物なら

 私はさして心に残らなかったかもしれない

 
 こんな個展をするような私って

 とても信心深いのかと思ってらっしゃる方も

 いるだろうが

 普段の私は

 超がつくほどの現実主義だ


 だが

 青い蝶となると

 少し状況が変わる・・・


 以前ご紹介した私を描いた唯一の絵

 20110628後姿


 彼はよく絵に

 白ネコ と青い蝶

 を描いていた

 
 私は彼のよく描く白ネコや青い蝶を

 彼自身と解釈していた。。。


 
 その同僚の先生はこの絵を見たことがない


 なぜなら

 この絵は

 彼が描いてからずっと

 自宅に飾っていたから



 「ホントに中村が蝶になって現れていたのかも」


  本気でそう思った・・・

  
  笑われるかしら


 友人HRにもその話をしたのだが

  以来彼女は

  青い蝶を見るたびに

 「中村さん、きくのこと心配してるのかな?」

  と思うようになって

  私の様子を気にかけてくれるらしい


  私を見守る青い蝶

  残念ながら私は見たことがないのだけれど

  明日はどこかに現れるかしら?


  
  いよいよ明日

  朝8時に中村の実家から絵の搬出作業開始

  
  9時半から

  公会堂にスタッフ全員集合で

  搬入開始

  
  レセプションまでの時間に

  絵のレイアウトは完成するのだろうか


  あまり打合せする間もなく準備したレセプションは

  ちゃんとみなさまに喜んでいただけるのだろうか?

  
  初めて会場をご覧になるお客さまは

  どんな印象をもたれるのだろうか?  


  カウントダウン1日め

  さすがに今日は

  緊張で眠れそうにないかも

スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

カウントダウン2日め

カウントダウン2日め

 ~ 絵の運搬ほか ~

 いよいよカウントダウン2日

 今日は仕事を休んで個展準備


 ただ

 明日は残念ながら休めず

 しかも残業も決まっているので

 実質今日が最後の準備日


 朝10時に中村実家へ向かう


 中村の実家は銅器の製造業の老舗

 彼の父親が3代目だった。

 ただ、彼の父親も

 彼の他界後たった1年で病気で亡くなってしまったため

 今は職人Kさんがお義母さんと一緒にお店を守っている

 

 中村の小さい頃からよく知っているKさんは

 一見強面でいかにも職人さんオーラ満開の方だが

 とても優しくて

 いつも私のことを応援して下さっている

 
 今日はそんなKさんにお仕事を抜けて頂いて

 譜面台を借りたり

 昨日夜中までかかって梱包した私の自宅の絵を

 
 中村の実家まで軽トラで搬送してもらう

 
 手際の良いKさんのおかげで

 結構大変と予測した搬送は順調に進み

 
 そのあと

 細々とした用事も一気に済ますことができた


 帰宅後は

 Mちゃんから送られてきた

 アンケート用紙のデータを印刷


 オリジナルの

 凝ったデザインにびっくり


 あんなに忙しいMちゃんなのに

 なんでこんなことができるのか…

 
 Mちゃん、ありがとう


 Mちゃんの熱意に応えるためにも


 やっぱり目標動員数500枚は印刷しないとネ



 設営会社の友人Iちゃんから

 最終の確認事項の連絡

 私の手が回らないのを予測して

 追加の買い物を請け負ってくれた


 Iちゃん、ありがとう


 会議室用机を覆うクロス縫製担当COCOさんから


 大判すぎる残りの布は

 プロの彼女でも会社のお昼休みに縫うだけでは時間が足らず

 出来上がりが明日になってしまうらしい


 明後日会場着の宅配便は

 危険すぎてコワイので


 明日私が会社を途中抜けて

 COCOさんの会社まで

 取りに伺うことに


 お忙しい中

 COCOさん、ありがとう

 

 みんなみんな


 こんな私のわがままのために


 ホントにホントに


 ありがとう



 カウントダウン2日め


 たくさんの方々への感謝の思いを胸に


 最終チェックの夜 

 
 

 


 

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

カウントダウン3日め

カウントダウン3日め

 ~ レセプション打ち合わせと自宅の絵の梱包 ~


  今日は、レセプションの司会をお願いする

  演劇時代の先輩Tさんと打ち合わせ

  
  合わせて同じく演劇時代先輩Iちゃんとスライドショー確認


  待ち合わせはIちゃんお仕事場付近にて

 
  Iちゃんには

  前回の個展同様

  Iちゃん働く会社の社長さんへムリをお願いして

  個展の設営全般を担当して頂いている


  使用に限定の多い国の重要文化財の中之島公会堂は

  設営にいくつものハードルがあり

  社長さんにもとてもご面倒をかけている


  T先輩にお会いするのは昨年12月以来だ

  私たちが芝居をしていた劇場で

  地域の方々を指導しながら

  ご自分も演じていた


  待ち合わせ場所ににサングラスをかけて颯爽と登場のT先輩

  相変わらずお美しい

ちょっぴり緊張しながら

  Iちゃんの職場へ


  彼女に送った写真、音声を確認


パーティでのイメージがなかなかわかず

 
  Iちゃんを困らせる私…


  そこで

 
  さすがT先輩

  間にはいって

  まとめて下さった

  
  Iちゃんも

  ホッとしていたみたい。。。


  打ち合わせ終了♪


  まだ不安は残るけど

  
  少し先が見えてきたかな?


  Iちゃん、T先輩

  ホントにありがとう


  
  今日は

  会場で会議室用机を覆うクロスの縫製をお願いしていたCOCOさんから

  
  大判以外のクロスたちが到着

  
  その大きさに

  自分でお願いしていながらびっくり

  届いたクロスの倍のものを

  加えて今作って頂いている

  COCOさん、ありがとう



  残るは

  自宅の絵の梱包


  昨日中村の実家で使いきったプチプチ

  自宅の分がなくなって

  ちょっとパニクったが

  ホームセンターでみつけた小さめのプチプチを買って

  ホッとひと安心

 
  さすがに今回は一人作業で頑張る


  
  カウントダウンいよいよ3日め


  壁に絵のなくなった自宅で


  ちょっとさびしい夜


  

  
 

  
  

  





  


  

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

カウントダウン4日め

カウントダウン4日め

 ~ 絵の梱包 ~

 個展まで最終の土日

 自宅の絵の運搬の都合上

 月曜日も会社は休んだが

 それは予備日


 この週末が準備の山場だ

 いままで中途半端においていたことを

 ひとつずつ

 片付けていかなきゃ


 今日は

 実家の大きい絵の梱包日

 前もって送っていたプチプチで

 友人と

 梱包作業


 当日のレイアウトのために

 ナンバリングも一緒に


 本日の友人は

 DM送付でもお世話になった

 RちゃんとTちゃん

 
 飲み友達だが

 頼もしい助っ人だ


 ①プチプチを広げ

 ②絵を置き

 ③包み

 ④テープでとめ

 ⑤ナンバリング

 その5工程の繰り返し


 小さい絵は簡単だが

 背丈より大きい重い絵は厄介で

 中村のにぎやかなお義母さままでお手伝いいただいて大騒ぎ

 かかること2時間ほど


 私より手際いい2人のおかげで


 本日のメイン業務完了


 私が思っていたよりハードな作業で

 全員サウナに入ったような大汗をかいていた

 
 あとは

 レセプションでの

 ささやかなプレゼントの準備

 涼しい場所でのお仕事が

 どんなにありがたいか

 思い知った


 カウントダウン4日め

 そんな汗まみれの作業も

 手伝ってくれる

 友人に

 感謝


 

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

カウントダウン5日め

カウントダウン5日め

 ~ 題 名 ~

  中村の教え子Aさんからキャプションのデータが届き

  演劇時代からの中村と共通の友人Mちゃんと話しているうちに

  キャプションをつける絵のみ

  私が題名をつけることになってしまった


  繰り返し書くが

  私は文学的なセンスも

  芸術的センスも

  残念ながら持ち合わせていない



  見てそのまんまの題で済む絵はいいけど

  (そのまんまじゃダメかな?
  

  頭を悩ます絵が3点

2007_0415WOMAN小


20110715聖母子eb

チラシ表画像小0107


   
  書いては書き換えの繰り返し


  手厳しいMちゃんに

  つっこまれそうだし

  
  特にラストのチラシの表に選んだ絵は

  かなりの難産


  Aさんも

  この絵は難しいのか

  このキャプションだけまだできていないようだ


  舞台はビルや倉庫が建ち並ぶ倉庫群

  子供たちが屋根で遊んでいる

  帽子とマントを着た男

  女の影

  遠くでは自転車をおす人影も…



  中村は難波のど真ん中で生まれ育った。


彼が生まれた昭和30年代の難波は


  まだ田舎だったが


  高度成長期で街は急激に変貌していったそうだ


  中村が幼いころ遊んだのは

  公園ではなく

  空きビルの屋上だったという

  
  月光仮面ごっこをして

  ヒーローになりきり  

  ビルから飛び降りて失神した思い出を

  聞いたことがある


  絵の中であそんでいるのは

  中村なのかしら?


  最初私がつけた題は

  
  「夕暮れの倉庫群」

  
   ありきたり過ぎか。。。

  
   おそるおそるMちゃんにメールで尋ねてみる


   予測通り却下


   そして彼女が


   私が当たり前すぎてすっかり忘れていた


  その絵にピッタリの単語を


   思い出させてくれた


   即決でそれに決定

  
   何に決まったかは

   会場でのお楽しみに


  
 カウントダウン5日め

  
   絵を観ながら


 遠い昔の


   中村の子ども時代の難波の街並みを想像する

  

 

    

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。