個展開催までの カウントダウン 40日間 カウントダウン27日め

個展開催までの カウントダウン 40日間

絵は観るだけが好きだった私が、個展を開催するまでの奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン27日め

カウントダウン27日め

~ 彼のゆめ  ~

 中村と一緒に旅行に行くと

 美術館巡りが必ず組み込まれていた

 そういうといかにも優雅だけれど

 
 そんな甘いものではない


 イタリアやフランス、イギリスなど

 
 著名な美術館が勢ぞろいする国を訪れたときなどは

 
 午前中に2ケ所、午後から3ケ所をはしごすることも


 
 たくさん観れば観るほど、私の感性は飽和状態になり

 
 あまりに感動して喜んでいる彼を前に


 何も言えなかったけど

 
 かなりキツイ行程だった


 初めてイタリア フィレンツェのウフィツィ美術館を訪れたとき

 普段は絵の写真を撮るばかりの彼が

 
 「この絵、大好きやねん

  一緒に撮ってくれる

 と珍しく私にカメラを渡した。 

 
作者はウッチェロ

 「サンロマーノの戦い」

 uccello_battaglia.jpg

 レンズ越しの彼は、とてもとても嬉しそうだった


 「この馬の曲線のとこ

  ここがスゴイねん

 絵心は全くない私には

 異次元の世界の話だったが

 初めてその絵の実物を観て感動した彼は、

 なかなかその場を離れなかったのを覚えている。


 他にも好きだったのは

 エゴン・シーレ

1917seted-Woman-with-bent-knee.jpg

ロートレック

 460pxhenri_de_toulouselautrec_019.jpg

 
 ボッティチェリ

 bot07[1]211 春

 

 アルフォンス・ミュシャ

 imagesCAR4L3JH.jpg

 
 グスタフ・クリムト

 klim03[1]1

 もちろん

   
 ダ・ヴィンチ 


 ラファエロ

 
 ミケランジェロ


 ルーベンス    などもetc…

 
 キリがないかも


素晴しい絵に出合うたび

 「すごいな~

  僕もがんばらなきゃ 」

  と、反省していた。



 「僕は有名な画家になる」

  
  というのが彼の口癖だった。。。

 
 「いつか個展をするから、手伝ってね

  
  なんてことも言われていたが

  
  その当時の私は仕事に忙しく

  
  全く手伝う気はなかった


  彼の言葉に真剣に向き合わなかったというのがホントかな…


  
  そして今

  作者不在の個展ほどキツイものはない

  
  「この絵はいつ描いたの?」

  「この絵にストーリーはあったの?」

  「どの絵がお気に入り?」


  こんなことなら


  生前お手伝いして


  個展をしてあげればよかった



  カウントダウン27日め



  個展の絵のレイアウトに悩みながら


  
  ちょっぴり後悔の日だった…  

   
スポンサーサイト

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術

コメント:

素晴らしい作品に出会った時、その感動を誰かに伝えたい、出来ることなら、その場で大切な人と分かち合いたい、私もそうでした。

愛する殿方と、こんなアート三昧の旅、羨ましすぎるわ。
きくさんは、瞳を輝かせ絵画を前に夢を語るキラキラしたご主人様を見るの、好きだったんじゃないかなぁ、幸せ感じてたんじゃないかなぁ。
そこにあるどんな名作より、そんな彼が、きくさんの心に感激?感動?を与えていた気がします。

もっとも近くで作者を支え、見つめ、供に時を過ごしたきくさん。

そんなきくさんが、お一人で開催されるこの個展は、画家中村佳文氏の遺作展ですが、今を生きるきくさんが、今、ご主人様をどう感じているかを表現する、展覧会でもあるかも。
それも、拝見する楽しみのひとつです。

観る側からすると、10年先、同じ作品がどのようにレイアウトされるのか?はたまた、会場は、何処なのか? 歳月を経てのきくさんの、ご主人様への思い、作品の受け止め方の変化に興味をいだきます。

楽しみだわ。 頑張り過ぎないで、きくさんモードで頑張ってね。

  • 2011/07/15(金) 08:01:56 |
  • URL |
  • ぷちS #-
  • [ 編集]

ぷちSさん、いつもありがとうi-178
そんなにラブラブな感じじゃなかったのよi-229
でも、彼は感激屋さんで素晴らしい絵の前では子どものように感動していたので
こちらまで嬉しくなったかもi-185
10年後のことを考える余裕は、今の私にはとてもないけど、「またいつかi-184」と思えるような個展にしたいと思っていますi-228

  • 2011/07/15(金) 12:36:00 |
  • URL |
  • Nakikuchan #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://yoshidejavu2011.blog.fc2.com/tb.php/23-91880236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。