個展開催までの カウントダウン 40日間 エピローグ⑥

個展開催までの カウントダウン 40日間

絵は観るだけが好きだった私が、個展を開催するまでの奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エピローグ⑥

エピローグ⑥

~ ご来場の方々 ~

 私は意外と人見知りだ

 「ウソ」と信じてもらえないかもだけど

 お酒でも入らないと

 知らない方々とお話しするのは

 かなり勇気がいる方だ


 でも

 今回の個展では頑張った

 なぜなら5年前の個展では

 やはり人見知りが災いし

 せっかくご来場してくださった方々と

 あまりお話しできなかったことを

 とても後悔したからだ。。。


 可能な限り

 「中村とご縁のあるかたですか?」

 などとお尋ねして

 なるべくたくさんの方々とお話しできるように頑張った

 もちろんシラフで


 中村が亡くなった時

 中学生だった女の子たち

 3人組で現れた彼女たちは

 もう21歳

 すっかり大人の女性になっていた…

 
 デジタルフォトフレームの写真を

 興味深く見入り

 中でも生前の中村の表情がよくでていた

 沖縄の修学旅行で撮られた写真

  DSCF沖縄

 ピチピチの海パンでお腹をポッコリだして

 嬉しそうに笑う中村を指差して盛り上がっていた

  


 通りがかりやなんと観光客

 新聞を見てわざわざとか


 すぐに帰ってしまわれる方ももちろんいたけれど

 私がとても嬉しかったのは

 お越しいただいた方々が

 比較的長く

 会場で楽しんでいらっしゃったことだ


 卒業して20年以上の教え子が

 家族一同でご来場されたのにもビックリ

 
 中村が教師として働き始めて間もない卒業生などは

 私と5歳ほどしか変わらず

 楽しそうに話す中村の思い出を聞きながら

 そんなに彼らの心に長く残っていた彼を

 「幸せな人だなぁ」としみじみ思った


 本来親友HRの小学校の恩師なのだけれど
 
 ご主人の海外赴任でタイに在住されていたM先生


 HRにくっついて学生時代に赴任先でお世話になって以来のおつきあいだ…

 
 私を教え子でもないのにとても気に掛けて下さる


 明るく笑って再会を喜んでいたのに


 お花コラボの麦わら帽子の女の子の絵を観られた途端

 
 泣き出してしまった

 11818807_1258740756_29large.jpg


 「絵から愛が満ち溢れている…」


 ビックリする私を尻目に


 かなり長く泣かれた後

 
 帰りにまた

 その絵を観て泣いていらっしゃった


 残念ながら私には

 そんな鋭い感受性はないが

 
 人の心の琴線に触れた

 彼の絵を

 ステキだと思った(手前味噌かしらん?)


 会場の雰囲気から

 リラックスして

 楽しんで頂けている

 皆さまの様子も感じ取れ

 とても嬉しかった

 
 いつもより

 少しゆっくりと流れる時間

 会場全体が

 なんとも優しい空気に包まれたのは

 彼の気配なのだろうか


 途切れなくお越しいただく方々を

 迎えながら

 幸せな時間を

 過ごせた

 4日間だった
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック:

トラックバック URL
http://yoshidejavu2011.blog.fc2.com/tb.php/61-92e7c3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。