個展開催までの カウントダウン 40日間 カウントダウン40日~30日

個展開催までの カウントダウン 40日間

絵は観るだけが好きだった私が、個展を開催するまでの奮闘記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウントダウン35日め

カウントダウン35日め

~ 打合せの宿題 ~

 昨日のMちゃんとの打合せで与えられた私のノルマ

 結局大枠は 
        ①会場設営委託会社との相互確認
        ②会場中心に設置しようと話し合ったシンボリックとなるデコレーションの詰め
        ③中央公会堂との確認事項いっぱい

 その他

  絵の配置が決まった時点でキャプションの文面作成

  当日のボランティアのヘルプの方々の確認

  レセプションパーティーの段取り      etc

    ひとつひとつ着実に片付けていかなければならない


  
  そんなあわただしい時にも嬉しいことが

   日曜日の送付した500件のメール便

   昨日やっと到着したようで

    20年来年賀状のやりとりだけでつながっていた高校から大学が一緒の同級生

    中村の教え子

    私の友人

    私がごあいさつ文にあつかましく書いた会期中のボランティア募集の文を読んで、

    お忙しいなか立候補してくださるメールが次々と

   みなさんの優しい心に応えるためにも、頑張らなくっちゃ

   個展の成功を短冊に託した 

   カウントダウン35日め、大雨の朝から始まった、七夕の日だった
   
   

カウントダウン36日め

カウントダウン36日め

~ 個展打ち合わせ ~

今日は仕事に育児に忙しいMちゃんと、2回目の個展の打ち合わせ。


今まで広報に集中していたが、そろそろ本腰を入れて個展の内容を

決めていかなければ・・・


Mちゃんとは20年以上前からの、私と中村が演劇をしていたころの共通の友人だ。

私よりひとつ下で、黙っていたらかなり美人だけど本人は全く自覚がなく、純粋で屈託なく

あけっぴろげな彼女を、私たちは大好きだった。


6年前のつらい時期も、彼女は私を心配して、さりげなくだけど事あるごとに食事に誘って

くれたり連絡をくれた。


それまで人生何のつまづきもなく過ごしてきた私は、自分がそういう経験をした時に初めて、

どんなに他人に支えられて自分が生きてきたかを思い知った。


彼女のような友人なくして、今の私は存在しないだろう・・・




大手企業に勤める彼女は、イベント関係の会社にも出向したことがあり、

5年前の個展でなくてはならない存在だった。


やっと授かった赤ちゃんがだんだんお腹の中で大きくなっていたのに、

テキパキと指示する彼女の敷いたタイムスケジュールに追われながら、

ひとつひとつ問題を片付けていった。


その後誕生した可愛いお嬢ちゃんも今年で5歳


時の流れの早さをしみじみ感じる


すっかりお仕事に復帰した彼女だが、さすがに子育てと仕事の両立はかなり大変そうだ。


そんな忙しい状況はよくわかっているのに、やはり彼女の力なしで今回の個展の開催はとても

考えられず、申し訳ないと思いながら真っ先に協力をお願いした。



今日の待ち合わせは、Mちゃんの職場と自宅に合わせて仕事終了後神戸へ

彼女の指定したお店は、駅前のレトロなカフェ

オシャレ度ではなく、「書類を広げられる大きな机があるお店」というのが彼女のお店の選択基準

その真剣さに少しビビる

古びた喫茶店の2Fを指定されていたので、先に到着して6人席でひとり待つ。

遅れて疲れた顔で、でも明るく登場したMちゃんは、熱かった

レイアウトの図面をつくり、私の意見を聞きながらもたくさんの提案をしてくれた。

彼女と話していると、何の先行きも見えなかった個展のビジョンが、少しずつではあるが

まとまってきたように思えたから不思議だ。

いっぱいいっぱい宿題を頂き、彼女も資料を持ち帰り、1週間後にすり合わせることで

何とかまとまった。

話し合いは19時半から喫茶閉店の22時まで

絵の選考・順番、レイアウト、机イスのはけ方に至るまで、あっという間の2時間半だった

まだまだ課題山積みだけれど、彼女がいてくれたら何とか乗り越えられる気がした

やっぱりMちゃんはスゴイ

私もしっかりして頑張らなきゃ


改めてカウントダウンの音が聞こえた7月6日


カウントダウン36日めだった。。。

カウントダウン37日め

カウントダウン37日め

~ みなさまからのメッセージ ~


1周忌に開催した個展


当時の私の心は不安定で、人前ではかなり不自然にハイだった気がする。


自分でも何か1歩踏み出さないとと思い、友人のアドバイスもあって


彼と長く暮らしたマンションの全面改装を決めた。


個展開催は、誰に言われるのでもなく私の心の中では既に決定事項だった。


個展準備とリフォーム・・・


かなりのタイトスケジュールに自分を追い込んでいた。


開催した精華小学校幼稚舎は、冷房設備がなく、3日間猛暑の中で行なわれた。


そんな暑い中、たくさんのみなさまにお越しいただいた。


総勢400名・・・


スポットクーラーの効果もなく、会場はすぐに帰りたくなるような暑さだったのに、


よろしければとお渡ししたメッセージカードに、たくさんの方々がメッセージを


残してくださった。   Pメッセージカード



たくさんのメッセージの中には、私にはみせなかった中村の教師の顔があった。


「17年間、私は彼の何を見てきたんだろう?」


そう思わずにいられないほど、卒業して10年以上経つ方々から昨年卒業した高校生まで、彼を

慕ったってくれる方々のメッセージは、心打つものがあった。


そして、そんな方々と彼の絵を通して空間を共有できた個展を開けたことをとても嬉しく思った。


その時はまた5年後に個展をするなんて全く考えていなかったけれど、このメッセージカードは


私のかけがえのない宝物であり、今回の個展開催を決意する強力な後押しとなっている気がする…




中村は当時中3の担任だった。


身近な人の死を知らない子も多い、思春期のしかも受験を控えた彼らに、

どれほどのショックを与えてしまったことか。。。


何より、一番心を痛めているのは、中村のような気がした。


全員がちゃんと高校に合格したと聞いて、心からホッとしたものだ。



1年後に開催した個展に、元気な高校生になった彼らがたくさん来てくれた。




あれから5年・・・



高校生だった卒業生たちも大学生になって成人している。


彼らはまだ中村を覚えてくれているだろうか?



今回の個展は、幅広く一般の方々にお越し頂くスタンスではあるけれど、5年前に来て下さった

縁ある方々にもぜひお越し頂いて、私と一緒に記憶の奥にしまいこまれた中村を思い出してもらう

ひとときになればいいなと考えている。

カウントダウン38日め

カウントダウン38日め

~不思議な力~

6年前、思い出すのもブルーな暗い日々を送っていた頃、久しぶりに入った中村のアトリエに

その絵はあった。


彼の大きいサイズの絵は裸婦が多く、部屋に飾るような絵はないと思っていたのだが、


その絵は、今まで私が観る彼の絵とは全く違うものだった。




ハトと少年 

P1010060ハトと少年小 


黄色いバックにふんわりと存在するハトと少年


実はしばらくの間ハトとわからず、少年から羽が生えた天使の絵と思っていた。。。



今とは違うリフォーム前の、ついこの間まで彼と過ごしたままだったリビングの入口にその絵を置いた。


玄関の戸を開けると、その絵が私を優しく迎えてくれた。


光りをうけているわけでもないのに、ぼんやり浮かび上がるように輝いて見えた。


その絵を観るたび、すっかり下向きになっていた私の心がちょっぴり癒された気がしたものだ。




今ではすっかり忘れていた事だったけれど、昨日友人と家にある絵の話をしたのがきっかけで思い出した。



絵には不思議な力がある。


今一番つらいのは、個展開催の期間お気に入りの絵たちがから旅立ってしまうことだ。


かなり寂しくなってしまうかも・・・


今さら情けない話



今日、朗報があった

広報をお願いしていた新聞社から連絡があった。

まだわからないが掲載いただけるかも

たくさんのみなさまにお越し頂きたいので、新聞のような強力な媒体への

掲載は、とても嬉しい

明日も頑張ろう



カウントダウン39日め

カウントダウン39日め

今日はいよいよDM発送

ヘルプの友人を待つ私

準備万端
P封入一式小


友人を待つ間に100部ほどは封入してみた。

やっぱり結構大変


結局3人の優しい友人がヘルプで来てくれることになった。

みんな忙しいのにありがとう


15時頃に全員集合

私はお食事準備で友人にDM封入をしもらってるという本末転倒な状況が申し訳なかったけど、

みんなお腹がすいた頃から早く終わらせてご飯が食べたくなったのかペースアップ

予定通り18時までには無事終了した

遅れてご参加のYさんも登場

いつもお世話になってるからね

お楽しみのお食事タイム

レパートリーが少なくて恐縮だけど・・・
Pお料理1

ほうれん草入りクリームチーズのキッシュと夏バテ防止のガスパチョ、お隣りは畑か

ら獲れたてのお野菜を持参してくれたB女史のラタテュイユ

Pお料理3

Mちゃんの大好物、豚の角煮

まだまだいっぱいお料理はあったけど、シャンパンやワインがスピードよく空いていくとともに写真を

撮り忘れてしまった。。。

まあ、グルメブログではないからネ

みんなと一緒にすると、地味な作業も楽しかった

ホントにみんなありがとう

カウントダウン39日め

友人に囲まれての宴は、夜遅くまで続いた。

前のページ 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。